店 名

こんの屋

ラーメン

店主が疲れたら

​定休日

昼11:00~14:00 夜19:00~24:00

​営業時間

陸前高田市高田町荒町33 チャレンジショップA-1

住 所

080-1804-0618

​URL

電話番号

​お店からの一言

海老の香りが濃厚な「海老だしラーメン」が人気です。

​本記事は2020年9月に作成されたインタビュー記事です。

こんの屋

陸前高田商工会のとなりに、チャレンジショップという施設がある。まちなか未来商店街という大きな看板が目印だ。いわゆるテナント貸しのような施設で、複数の店舗がその中に入っている。こんの屋は、2019年6月にオープンした陸前高田市内でも貴重なラーメン専門店だ。

こんの屋の店主は紺野学さん。もともとは、小友町でバーを経営していた。バーをしていたときに、研究を重ねできたものが現在のラーメンの原型となっているのだ。看板商品は、なんといってもこだわりの海老だしラーメン。塩と味噌があり、海老味噌には海老のあぶらを、海老塩には海老の頭を砕いたものを利用している。炙ることによって香ばしさが倍増し、濃厚なスープと中細麺がよく絡んで食欲が進んでしまうのだ。店外にいても香ってくる濃厚な香りに、ついふらっと立ち寄ってしまうこともあるのではないだろうか。そのほか、海老ととんこつを使用したダブルスープの海老とんこつラーメンも人気の商品だ。

もうひとつの大きな特徴として、こんの屋は深夜0時まで営業している。居酒屋帰りのお客さまであったり、スナックなどで二次会が終わったお客さまが立ち寄り、深夜にもかかわらずお客さまで賑わっている。陸前高田の飲食店は閉店時間がはやいところも多いため、こんの屋は貴重な存在となっているのだ。
お店の正面、入り口のところには定休日のところに「店主が疲れたら」と記載してある。いわゆる不定休の店なのだが、表記の仕方に店主のユーモアが伺える。新商品が出たり限定商品がでることもあり、看板商品のラーメン自体もどんどん改良を加えているため、その変化も楽しむことができる。1回行くだけでも楽しめるお店なのだが、何回も通ってこそその真価がわかるのかもしれない。

陸前高田まちなかHP

by 高田まちなか会

copyright ©️陸前高田ほんまる株式会社

Loading...